挨拶状ドットコム喪中
価格
デザイン
品質
開催中キャンペーン
  • 早割:23%OFF(~12/5)
  • 同時購入割引:1点あたり550円OFF(~未定)
  • 100人に一人3,000円が当たるキャンペーン(~未定)
価格例 30枚:5,879円(白黒)
30枚:6,472円(カラー)
宛名印刷 11円/枚
投函代行 無料
送料 無料
納期 最短翌営業日出荷(写真プレミアム仕上げ:4営業日~)
支払方法 クレジットカード、代引き、先払い(銀行振込)、後払い(銀行振込(法人のみ))

公式ページへ

※当記事に記載の料金は税込です。また数値は2021年11月29日時点のものです。最新の情報は公式にてご確認ください

喪中はがき印刷の・お客様満足度、デザイン満足度、接客満足度no.1(日本マーケティングリサーチ機構 2021年5月期調べ)、年間17万枚以上出荷してきた喪中はがき印刷の大手「挨拶状ドットコム」。実績や評判は注文する際に安心感を与えてくれます。

では、実際のところどうなのでしょう?ということで、口コミや評判を中心に「挨拶状ドットコム」の実力や魅力についてお話していきたいと思います。

挨拶状ドットコムの口コミや評判は?良い口コミや悪い評判もまとめて

口コミ評判

いざ利用しようと思うとやはり気になるのが口コミです。実際に利用した人たちの感想は?

普通

公式にも口コミは記載されていますが、独自に調査した口コミを記載しておきますね。

良い口コミ

わかりやすいのが良かったです
喪中はがきを出すのは初めてでして。どういうマナーがあるのかわからないままに、まずは印刷業者を調べてみようと挨拶状ドットコムのホームページを訪問しました。他の業者はデザインやキャンペーンの説明がとにかく多かったのですが、挨拶状ドットコムはトップページに「注文の流れ」。その後「喪中はがきの豆知識」で、喪中はがきの書き方や文例、出す時期などについて説明してくれており、Q&Aも充実していたため不安なく喪中はがきを作成することができました。客の立場に立った真摯な姿勢にすごく好感を持てました

普通の口コミ

上品なデザイン
数は多くないものの上品なデザインがそろっているのがいいですね。「スタイリッシュ」が奇をてらいすぎず、それでいてお洒落なデザインが多くて好みでした。私は最初に数社のデザインをざーっと見ていき、気に入ったデザインがあるかどうかで決めることが多いのですが、気が付くと挨拶状ドットコムに落ち着いていることが多いです。好みの問題もあると思いますが、ここのデザインは良いですね

悪い口コミ

きずなばこがなくて残念
毎年、挨拶状ドットコムで年賀状を作成しています。年賀状を作ると「きずなばこ」という年賀状入れがおまけでついてくるのですが、喪中はがきだとついてこないんですね…。喪中だと年賀状を送付されることがないため当たり前といえば当たり前なのですが、集めていただけに少し残念です。おそらく同じように集めている人はいると思うので、「きずなばこ」をつけるかどうか選択できるようにしてくれるとうれしいな、と感じました

メディア露出

新聞、地上波、ネットを問わず、さまざまなメディアで紹介されています。ここまでメディア露出が多い企業も珍しいですね。

それだけ注目されているということであり、安心感があります。

実施中のキャンペーンは?

キャンペーン

年末年始はどうしても出費がかさむもの。少しでもお得に利用するために欠かせないキャンペーンについてお話していきます。2021年11月29日時点で開催中のキャンペーンは、

  1. 早期割引:23%OFF
  2. 同時注文割引:550円OFF
  3. 100人に一人3,000円が当たるキャンペーン

全て併用可能です。

1.喪中はがき印刷に欠かせない早割

お得に喪中はがきを印刷するなら避けて通れない早割

年末が近づくにつれ印刷業者は忙しくなっていきます。そのため、少しでも早く注文してもらえるよう早割に力を入れている業者は多いです。

挨拶状ドットコムもその一つ。

基本的に早ければ早いほど割引率は高いです。正月が近づくにつれて割引率が高くなる業者は見たことがありません。

つまり「今」が一番お得に注文できる時期なんですね。

笑

普通の人は過去に戻ることができないので、思い立ったときに注文するのが一番早割の恩恵を受けることができます

2.同時注文割引で550円オフ

複数同時注文することで1注文あたり550円OFFになります。

普通

同時注文ってする機会あるかしら?

と思われるかもしれませんが、周りを見渡すと以外に多いと思います。家族まとめて、友人と一緒に、職場の同僚とまとめて、などなど。

複数人でアレコレ話しながら作成すると、一人で作るのとは違った楽しさもありますよ。

ちなみに自分1人でも、出す相手によってデザインを変えるなど注文が分かれると割引対象になります。

3.100人に一人3,000円が当たるキャンペーン

アンケートに答えて応募するだけで、100人に1人に3,000円分のJCBギフト券が当たります。

シンプルですが、年始にくじに当選すると1年いいことがありそうな気がしますね。

挨拶状ドットコムの喪中はがき印刷体験レビュー

普通

2022年寅年版の体験レビューを記載します。

白黒とカラーを注文しました。

レビュー1

ビニールで包装されていますので雨が降っても大丈夫ですね。ネコポスもいいのですが、こういうしっかりとした段ボールも特別なイベント感があっていいな、と思いました。

レビュー2

中身はこんな感じです。スタッフ一同のお礼状が入っているのは、心がこもっていていいですね。

白黒

レビュー3

レビュー4

白黒・カラーともに宛名を印刷しています。

宛名がすごくはっきり印字されている印象。白黒はチープな感じなのかな、と思っていましたがそんなこともなく。

デザインがしっかりしていますから十分に映える出来だと思います。

薄墨にこだわりがないなら白黒もありだと思いました。

カラー

レビュー5

レビュー6

カラーを薄墨で印刷しています。

白黒もそうでしたが、印刷がはっきりしておりデザインと文字のバランスがとても良いので見ていて気持ちいいです。

それでいて他人とかぶらないデザイン。自宅で印刷するより、挨拶状ドットコムに依頼する価値は十分にあると思いました。

注文時に感じたコト

注文時の入力のしやすさは、他社と比較するとやや落ちるかなという印象です。

デザインに力を入れているため、読み込みに時間がかかったり確認項目が多いのが難点かなと思いました。デザインにこだわりたい方にはとても向いていると思いますが、スマホだとちょっと辛いかもです。

入力時間は約20分。ただ、ほぼ修正なしでこの時間です。デザインにこだわると際限なく時間を取られそうな印象(汗)。

早割の期間は他社と比較すると長めに設けられていますので、じっくりデザインしたい方に向いていそうですね。

挨拶状ドットコムの3つの強みと2つの弱み

メリットデメリット

では、ここからは他社と比較した挨拶状ドットコムの強みと弱みについて見ていきます。

強み

挨拶状ドットコムの強みは以下の3点。

  1. デザインが豊富
  2. カスタマーサポート
  3. 柔軟な対応

1.デザインは全200種類以上

デザイン数は200種類

喪中はがきのデザイン数としては多くもなく少なくもないのですが、上品で落ち着いたデザインが多いのが特徴。

2.カスタマーサポートによる対応

挨拶状ドットコムには「カスタマーサポート課」があります。

わかりづらい操作や、ちょっとした疑問などに電話やメールで対応してくれます。

それらの経験をデータとして蓄積していくことで、より良いサービスが生まれているわけですね。

3.さまざまなことに柔軟に対応してくれる

以下のような他の業者では断られがちなことにも対応してくれるところが、挨拶状ドットコムのいいところ。

  • 送料無料(要マイページ登録)
  • 投函代行無料
  • お客様サポート無料

さまざまな要望に応えてくれます。迷ったらカスタマーサポートに電話してみるといいかもしれませんね。

弱み

次に弱みを見ていきましょう。挨拶状ドットコムの弱みは以下の2点。

  1. デザインで料金が異なる
  2. 宛名印刷が有料

デザインによって印刷料金が異なる

年賀はがきほど細かく分かれていませんが、モノクロとカラーで料金が変わります

薄墨デザインはカラーにしかありませんのでご注意を。

普通

お気に入りのデザインで作りたいけれど予算が…

ということにならないよう、うまく割引を利用しましょう。早割は強力なため、なるべく早くに注文。また、友人やご家族と一緒に注文することで同時注文割引を利用されるのもいいでしょう。

宛名印刷が有料

挨拶状ドットコムは宛名印刷が有料です。基本料金が1,100円、1枚あたり33円とかなり高額です。

2021年10月20日現在、「宛名印刷キャンペーン」が行われており(~2021年12月26日)基本料金0円、1枚あたり11円とぐっと利用しやすい価格帯になっています。

キャンペーンの有無で、宛名印刷にかかる金額がかなり変わりますので、キャンペーンのチェックは必須ですね。

まとめ

まとめ

挨拶状ドットコムの喪中はがきについて、口コミ評判だけでなくメリデメや特徴についても見てきました。

価格よりもデザイン性に重きを置いた喪中はがき印刷の大手。価格についても決して高いわけではなく平均的ですので、各種割引や無料サービスをうまく利用していきたいですね。

公式ページへ

喪中はがきを再度検討するならコチラの記事もご参照ください。