らくらくポストカード

出典:https://www.e-dpe.jp/postcard/

価格
デザイン
品質
開催中キャンペーン
  • 早割:基本料金35%OFF
    送料無料(~12/1)
価格例 30枚:3,980円(白黒・カラー)
30枚:4,100円(写真)
宛名印刷 なし
投函代行 なし
送料 無料
納期 11月5日以降順次発送
支払方法 クレジットカード、代引き

年賀状はコチラ

喪中はがきはコチラ

※当記事に記載の料金は税込です。また数値は2021年11月18日時点のものです。最新の情報は公式にてご確認ください

安くてわかりやすい料金体系が評判のらくらくポストカード。

印刷の基本料金がおさえめに設定されているため、少ない枚数だと特に他社よりも安くなることが多いです。

はたして安いだけなのか?その実力は?ということでネットでの口コミ評判や、他社と比較するとどうか?といったことをお話していきます。

らくらくポストカードの口コミや評判は?良い口コミや悪い評判もまとめて

口コミ評判

いざ利用しようと思うとやはり気になるのが口コミです。実際に利用した人たちの感想は?

普通

独自に調査した口コミを記載しておきますね。

良い口コミ

動画が気に入っています
動画年賀状を安く簡単に作れるのが気に入っています。毎年、子供の写真入り年賀状を送っていたのですが、せっかくなら動画も送れるといいなと思い印刷業者を探していました。いくつかサービスがある中で、らくらくポストカードが安かったためまずはこちらを試すことに。スマホで写真を撮影した流れで動画を撮影したら、あとはテンプレートにはめ込むだけで終了です。こんなに簡単にできると思っていなかったのでびっくり。値段も写真品質も問題なかったので今年もリピ予定です。
アプリが使いやすい!
パソコンを持っていないためスマホで操作しているのですが、とにかくアプリが使いやすいです。写真はスマホのライブラリからアップできますし、動画や音声もささっと撮れます。面倒になって後回しにしがちな年賀状作成の作業も、最近は楽しくなってきました。デザインがやや少ない気がしますが、私は写真がメインの年賀状なのであまり気になりません。そのぶん価格がおさえられているのがうれしいです

普通の口コミ

オリジナルデザインが魅力
デザイン数はそんなに多くないのですが、こちらにしかないデザインがあることが多いので毎年チェックしています。キャラクターコラボも良いですが、オリジナルデザインも可愛いので十分に魅力的。コスパも高いので選択肢に入れていいと思いますよ

悪い口コミ

宛名印刷がないのが痛い
毎年、100枚以上年賀状を出しているため、個人的に宛名印刷は必須です。らくらくポストカードはデザインが良いものが多くコスパも高いので利用したいのですが、宛名印刷サービスを行っていないためなかなか利用することができません。ちょっともったいないなと思ってしまいます

実施中のキャンペーンは?

キャンペーン

年末年始はどうしても出費がかさむもの。少しでもお得に利用するために欠かせないキャンペーンについてお話していきます。2021年11月18日時点で開催中のキャンペーンは、

  1. 早期割引:基本料金40%OFF
  2. 送料無料

1.年賀状・喪中はがき印刷に欠かせない早割

お得に印刷するなら避けて通れない早割

年末が近づくにつれ印刷業者は忙しくなっていきます。そのため、少しでも早く注文してもらえるよう早割に力を入れている業者は多いです。

らくらくポストカードもその一つ。

基本的に早ければ早いほど割引率は高いです。正月が近づくにつれて割引率が高くなる業者は見たことがありません。

つまり「今」が一番お得に注文できる時期なんですね。

笑

普通の人は過去に戻ることができないので、思い立ったときに注文するのが一番早割の恩恵を受けることができます

特に基本料金は金額が大きいため値引き率に比例して値引き額も大きくなります。

出来る限り早めに注文しておきたいですね。

2.送料無料

通常なら550円かかる送料が今なら無料です。

どんな通販でも送料って払いたくないですよね。多少無理してでも送料は無料になる金額まで買い物をしてしまいがち。

そんな送料が今なら無料。出来る限り無料のうちに発注してしまいたいところです。

らくらくポストカードの2つの強みと2つの弱み

メリットデメリット

では、ここからは他社と比較したらくらくポストカードの強みと弱みについて見ていきます。

強み

らくらくポストカードの強みは以下の2点。

  1. 安い
  2. オリジナルデザインや動画サービスが魅力的

1.料金が安い

らくらくポストカードは、できることを絞っているため料金が安いです。

特に~30枚くらいまでの少ない枚数なら十分に安いレンジの価格帯です。

ただし基本料金をおさえている代わりに印刷料金が高めに設定されています。

そのため、枚数が増えるほど他社と比較してのコスパは落ちます。100枚以上など大量になるとおおむね中から高いレンジの価格帯になりますのでご注意を。

2.オリジナルデザインや動画サービスが魅力的

らくらくポストカードにしかないオリジナルデザインやキャラクターコラボデザインがあります。

そしてどれもが可愛いと好評です。例年とは少し違った年賀状を作りたい方にはうってつけのサービスといえます。

2022年のコラボは、

コラボデザイン
  • 阪神タイガース(選手やトラッキー・ラッキー・キー太)
  • ぷちまる
  • くったりトラさん

いずれもお洒落なデザイン。選んでいて楽しくなること請け合いです。

また、簡単に作成できる動画年賀状も人気です。こちらはスマホアプリ(らくらく年賀)限定のためご注意ください。

スマホアプリというと操作性に難があるアプリが多いのですが、らくらくポストカードのアプリは歴史が古く、何度も改良されているおかげでとても使いやすいです。

利用料は当然無料ですので、まずはダウンロードして触ってみてはいかがでしょう。

弱み

次に弱みを見ていきましょう。らくらくポストカードの弱みは以下の2点。

  1. 宛名印刷がない
  2. デザインが少ない

1.宛名印刷がない

人によっては致命的な欠点になります。らくらくポストカードには宛名印刷サービスがありません

つまり、手書きをするか自宅のプリンタで印刷する必要があります。

2.デザインが少ない

デザインテンプレートはかなり少ないです。

そのため、選ぶ楽しみが少ないことと、他の人とかぶる可能性がある点にご注意を。

いろいろなテンプレートを見たい方は、他の業者も選択肢に入れておくといいかもしれませんね。

まとめ

まとめ

らくらくポストカードについて、口コミ評判だけでなくメリデメや特徴についても見てきました。

もっともおすすめできるのは、「宛名印刷不要で動画年賀状を作りたい方」ですね。

「宛名印刷をしたい方」は別の業者を探されると良いでしょう。

公式ページへ

その他の年賀状印刷を比較検討したい方はコチラ。

喪中はがきを比較検討したい方はコチラ。